Home » 生活をおくる »

睡眠って大事

睡眠って大事



疲れたら、ふかふかの布団の中で寝て、また明日頑張る…
私たち人間の3分の1を占める、大切な時間です。

睡眠には、疲労感とストレスを除去し、免疫力を向上させるという効果があります。
毎日を頑張るためには、大切な要素ですね。

さて、お子さんの寝起きの悪さに悩んではいませんか?
もしくは、ご自身が朝に弱くて困っている…寝てもスッキリしない…
そんなときは、十分な睡眠が取れていないことがあります。

良質な睡眠を取るときの基本は、90分サイクルを意識することです。
人間の睡眠は、浅い眠りと深い眠りを繰り返しています。
レム睡眠とノンレム睡眠というのですが、それが1セット90分なんです。

なので、90分の倍数の睡眠を取るとすっきりと目覚めることができるのです。

90分間 → 1サイクル (1時間30分)
180分間 → 2サイクル (3時間)
270分間 → 3サイクル (4時間30分)
360分間 → 4サイクル (6時間)
450分間 → 5サイクル (7時間30分)
540分間 → 6サイクル (9時間)

人によって誤差があるのであくまで目安になりますが、
基本的には、7時間30分の睡眠が良いといわれています。

ただし、小さなお子さん〜成長期のお子さんなどはこの限りではありません。
もっと睡眠が必要になる場合がほとんどです。

まずは朝起きなきゃいけない時間から逆算して、
生活リズムを変えてみてはいかがですか?
 
 

ちょこっとコラム

どうしても眠くなってしまったら、思い切って15〜30分間ほど寝てしまうとスッキリしますよ。
この15〜30分というのがポイントで、それ以上眠ると脳と体が熟睡するモードに
切り替わってしまうで、結果ますますだるくなってしまいます。

上手に仮眠を取るなら、ぜひお供にしたいカフェイン
カフェインは、摂取したらすぐに出るというわけではなく、
摂取してから30分以上してから効果が現れるのです。

ですから、仮眠から起きる30分前にこのカフェインを取ると
目覚めたときにスッキリとしますよ!
 
 
 
 
 
 
 
■Home
■サイトマップ
■お片づけとココロ - □どうして散らかるの? - □どうしても片付けられない…
■生活をおくる - □どうしたら食べてくれるの? - □食育ってなあに? - □睡眠って大事
■色と生活する - □色を上手に使おう - □子供部屋を考える
■非行と家庭環境 - □非行少年の心理
            - □母親の育児態度と子供の性格パターン1 - □母親の育児態度と子供の性格パターン2
■リンク

Copyright © 2011 - 2016 katekan.gzz.jp